グレーダーの仕事とは

グレーダーの役割とは

アパレル業界でのグレーダ―

グレーダ―はアパレル業界の序盤と中盤の境目で活躍する役割なので、組織の中で不在ということになれば新製品が生み出されず即時的な補充が大切です。生地を加工する前には、設計図に表された情報を形として生みファッションのイメージを固定化するアイテムが欠かせません。基盤となる型はグレーダ―が作成する役割を担うために、アパレル業界でとりわけ類まれなる集中力を発揮しなくてはならない仕事です。設計図の作成から手がけファッションの基礎を作り上げる作業が行えたなら、型の通りに生地を裁断するなどして世に送られる一品になります。

アパレル業界人のグレーダ―とは

ファッションに詳しい人でもグレーダ―という言葉は、アパレル業界関係者でない限り、あまり聞いたことがない方も多いと思います。グレーダ―とは、衣服を作る過程の中でマスターパターンといわれる基本となる標準サイズの型紙をもとに、アパレルCADなどを用いて、衣服の原型となる型紙を制作する仕事となります。ファッション知識だけでなくアパレルCADなどのソフトウェアを使いこなせるノウハウや知識も必要になる職種になります。ですので、アパレル業界に就職する前にCAD利用技術者資格などを取得しておけば、就職に有利になるはずです。

↑PAGE TOP